さとう式リンパケア教室  スペースさわやのブログ

福岡市南区大楠でさとう式リンパケア教室を開催しています。         西鉄高宮駅から徒歩1分。のんびり学べる教室です♪

安部塾での学び

「安部塾(あべじゅく)」という体の機能解剖学に則った

身体操作を教えてくれる学校で体について学ばせてもらっています。

 

(HP)
https://abeyoshitaka.jimdo.com/

 

機能解剖学とは、簡単に言えば体の設計図を学び、
体を無理なく機能的に使うことを目的とした学問。
(※金沢解釈)


体って、全体でみるととても複雑な動きをしていますが、
筋肉一つ一つ、関節一つ一つの単位でみていくと、
さほど複雑な動きはしていません。

 

むしろ前に行くか、後ろに行くか、というような単調な動きのことの方が多いです。

 

この一つ一つの単調な動きを間違えずに操作できると、
関節や筋肉にも負担が少なく、
美しく強く軽やかに動くことができるのできます。

 

しかし、これが間違っていると、体にとっては破壊される動きになりますから、
緊張したり固くなったり痛みを発したりでなんとか体を守ろうとします。

 


ネジを想像してみてください。

 

f:id:zawazawawa:20170505072657p:plain

 

ネジを締めていくとき、右に回します。
これを逆にしてしまうといつまでたっても締まりません。

なぜならそのように設計されているから。

 

また、せっかくいい感じに締まっても、

まだ締まるはずと力ずくでグリグリいけば、
ネジ山はつぶれ、もう戻らなくなります。

なぜなら本来の強度を無視しているから。

 

ネジを締めるときは右に回す。
いい具合のところで止める。

 

このことを知っておけば、

ネジとしてとても強くかつ機能的に、

耐久年数としても長く使えるわけです。


つまり、

設計を知り、理解し、無理のない範囲で動かすことは、

機能的に強くきれいに使っていくうえで

とても大切なのです。

 

これは体についても全く同じことが言えます。

なので体の設計図である機能解剖学を学ぶことは

強く軽やかで美しい体を作っていくうえでとても意義深いことなのです。

 

 

恐縮ですが、ここからは私自身のことを紹介がてら振り返ってみます。

 

◎まず体の設計図の認識について。


機械などは設計は大事って分かってはいましたが、

体においては設計図を無視しすぎていた!

学ぶ場所も機会もなかったので、無視というより知らなかったという方が適格かもしれません。

 

冒頭に、体の動きは細分化すれば単調だと書きましたが、

自分の頭の中だけのイメージで体を動かしたときに、
ネジでいえば右に回すか、左に回すか、みたいな正解確率1/2の選択を

まーーーーーーーーーよく間違っている!

 

なんで1/2をここまで外すかというくらい、
腕立てにしろ、前屈にしろ、ストレッチにしろ、指の使い方にしろ、
イメージの動かし方と実際の体の設計が食い違ってました。。

 

中身を理解ぜず、見たままのマネ、雰囲気だけでやっちゃうって、
ほんと恐ろしいなと今更ながら思います。

10代のころの自分に教えてあげたい。

 

 

◎体を動かすことのセンスについて。

 

自分の身体操作のセンスのなさを
安部塾で学んでいると、心底痛感させられます。

(間違いを力ずくで突き進むセンスはあったのかな?)


いわゆる「センスがある人」は、
きっと特に意識しなくても設計通りの動かし方を正解しまくる人なのでしょう。

 

私は無理やり間違っている動かし方を

"よかれと勘違い"して

突き進もうとするから、

一般的な人より体も固かったし、

ポキポキ音のなる関節もあったし、

体が変にねじれたりもしてた。

 

(この”よかれと勘違い”が一番やっかい。)


文章が過去形なのは、まだまだ改善の余地ありまくりですが、
変化の兆しも見えてきたので過去形にしました。

 

センスなくても学べば体って変わるんですね。


安部先生は言います。

「センスがないのは生まれ持ったものだからしょうがない。

しかし、今はいい時代で学問できる時代。
センスがない人はその分しっかり学問しましょうね。」

と。


さらに安部先生は言います。

「機能的な動きは、美しい」

と。

 


ステキやないですか。

 


センスがなくても、天才的とまではいかなくても、

”なかなかいい感じ”までなら学問の力でいける時代。


まずは、そこまでじっくりじっくり到達したいと思います。

 


安部塾で学ぶ身体操作のエッセンスはとてもおススメなので、
近いうちにレッスンという形でお伝えしたいと思います。


ご期待くださいませ。

 

f:id:zawazawawa:20170505074328p:plain

 


さとう式リンパケア教室 スペースさわや
金沢